屋久島くんせい体験コースご案内



都会ではなかなか作る機会のない、くんせい作りにチャレンジしてもらいます。くんせいの素材は、日頃「けい水産」で商品にしているトビウオをはじめとした、屋久島の新鮮なお魚たちです。

 

通常、けい水産では、10日間ほどかけて手作りしていますが、この体験では、1時間半ほどで、くんせい作りを体験できます。けい水産のくんせい体験では、ガスバーナーなど使わずに、七輪を使って、自分で、火加減を調節しながら、オリジナルのくんせいを作って頂いています。

おひとりにトビウオの半身を1つをお渡しして、くんせい体験をして頂いてますが、ご希望により、オプションで魚の種類や数を増やすこともできます。ご家族やお友達へのオリジナルのお土産としていかがでしょうか?

 


屋久島くんせい体験コース 概要



誰でもできる、屋久島くんせい体験コースの流れ


(1)ご予約フォームから事前にWEB予約orお電話でご予約

 

(2)体験コース当日、ご来店後、受付と体験コース説明

 

(3)おひとり1つトビウオ半身をお渡しして、くんせい体験コース開始

 

(4)七輪での火のおこし方などレクチャーします。火加減を調整しながら薫製作り。

 

(5)出来上がりの薫製を真空パックに詰めて、お土産としてお持ち帰りできます。

 


体験場所:けい水産内(屋内での実施のため、雨天でも催行可能です)

 

開始時間:午前の部:10:00スタート/午後の部:14:00スタート(1日2回開催)

 

所要時間:1.5時間~2時間程度

 

体験料金:おひとり2,000円(税込)



くんせい体験コースは、2018年7月からの開催を予定しております。開催日が決まりましたら、公開させて頂きます。


屋久島くんせい体験おすすめポイント


けい水産のくんせい体験では、必要な道具や素材は、こちらで全てご用意しております。お客様がご用意頂くものは特にございません。ですので、どなた様もお気軽にご参加頂けます。また、炭や杉の葉などを使って、火をつけて、ご自分で七輪の火加減をみながら、くんせい作りをして頂くので、出来上がったくんせいは、まさにご自分のオリジナル商品になります。

「くんせい作り体験」は、こんな方々にも、おすすめの体験アクティビティです。

  • お友達同士やご家族で、屋久島のオリジナルのお土産を作って帰りたい。

  •  

    くんせい作りには興味があったけど、なかなか体験する機会がなかったので、やってみたい。

  •  

    小学生のお子さんの自由研究として、ご家族で、くんせい作りを体験してみたい。

  •  

    半日(2、3時間くらい)空いている時間があるけど、何しようか決まっていない方。

  •  

    屋久島の雨の日は、なかなか出来ることが少ないので、室内でできるアクティビティを探している方。

 

くんせい作りの一番のポイントは火加減です。「けい水産」でのくんせい体験コースでは、木の葉や炭を利用して、お客様に火をつけるところから実践してもらいます。

くんせいの香りつけは、屋久島の桜の木を使用します。短時間でくんせい作りができるように、桜のチップを使って、実践してもらいます。

出来上がりの商品はお持ち帰りできます。真空パックに詰めるので、ご自宅までお持ち帰りもできます。オプションでご家族やお友達のおみやげ用に複数作ることも可能です。




けい水産が「くんせい作り体験」をする3つの理由


けい水産では、2009年より、屋久島産の魚を使って、薫製の製造・販売を手掛けてきました。2018年で、くんせい作りも10年目になります。

屋久島の新鮮な魚で作る、くんせいの美味しさを伝えていくことはもちろん、これからは、お客様に「くんせい作り」を体験して頂くことによって、くんせいに興味をもってもらったり、くんせいを作ることの楽しさも一緒に伝えていければと思います。そうすることで、屋久島で獲れた新鮮な魚たちを、みなさんに美味しく食べて頂ける機会をこれからもさらに増やしていきたいと考えています。

 


屋久島の新鮮な魚たちの美味しさを伝えたい

くんせいで火を入れるとしても、くんせいにする素材は、そのくんせいの美味しさに大きく影響します。屋久島で獲れた魚をすぐに捌き、くんせいにできる状態に処理することで、くんせいの美味しさを生み出しています。「くんせい作り体験」では、トビウオの半身でくんせい作りができますが、同じトビウオでくんせい時間を変えて、試してみたい。ほかの魚でも試してみたい。というご希望にそえるよう、オプションでくんせいにできるお魚を追加することができます。それぞれのお魚の特徴は、体験の際に、スタッフからお伝えさせて頂きます。

 

屋久島産 トビウオ
屋久島産 トビウオ
屋久島産 メダイ
屋久島産 メダイ
屋久島産 青エバ
屋久島産 青エバ


くんせい作りの楽しさを伝えたい

くんせい作りには、いくつかのコツがあります。そのひとつに挙げられるのが、火加減です。火が強すぎても、弱すぎても、美味しいくんせいにはなりません。体験レクチャーを受けながら、火の強さ弱さやくんせいする時間の長さを調節しながら、くんせい作りの楽しさを体感してみましょう。お客様にご用意頂くものはありませんが、体験中、衣類の炭のにおいが付くことがあります。においを付けたくない服装は避けて頂くことをお勧めいたします。

 

けい水産のくんせい作り ※体験では体験用の道具を使います。
けい水産のくんせい作り ※体験では体験用の道具を使います。
体験では七輪を使って、くんせい作りをします。
体験では七輪を使って、くんせい作りをします。


世界にたったひとつの「屋久島おみやげ」を

屋久島のおみやげは、何が良いのか?屋久島にいらっしゃる観光客の皆さんが、何を買って言ったら良いのか悩まれています。

屋久島ならではのトビウオを使ったけい水産のくんせいも、屋久島らしいお土産のひとつだと自負していますが、もう少しオリジナリティを加えられたら…。そこで、考えたのが、「くんせい作り体験」です。けい水産が日頃使っている新鮮なお魚を使って、みなさんにご自分の、大切な人へのお土産を作って頂けるのが、この体験アクティビティです。世界にたったひとつの「屋久島おみやげ」を一緒に作りましょう。

真空パックして、ラベルを付けて完成。
真空パックして、ラベルを付けて完成。
くんせいは薄くスライスしてお召し上がりください。
くんせいは薄くスライスしてお召し上がりください。
笑顔でスタッフがお待ちしています。
笑顔でスタッフがお待ちしています。


くんせい作りで、さかなくんせいに興味を持たれた方はこちら

けい水産 オンラインショップはこちら
おみやげで購入した、あの味をもう一度。けい水産 オンラインショップはこちら